• お問い合わせ
TOPチャイドクの活動が紹介されました

チャイドクの活動が紹介されました

  • • 「月刊マガジンアルク」翻訳ボランティア紹介 2014年3月号掲載
  • • [神戸新聞 世界×兵庫人「(1)スラムの子らに医療を「死を待つだけ」に光(2012/06/13)」]
  • • 在ケニア日本国大使館「ケニアの現場から~活躍する日本人」
  • • NHKBS1ドキュメンタリーWAVE 最終回にナイロビ・キベラスラムから中継 2012年3月31日放送
  • • NHKBS1ドキュメンタリーWAVE「スラム一斉撤去~ナイロビ グローバル化に翻弄される人々」2012年2月18日(土)放送
  • • NHKBS1地球テレビ100/年末特番「激動する世界2011」にスタジオ出演 2011年12月30日放送
  • • NHKBS1地球テレビ100/ケニアから生中継「人口爆発と都市化について」 2011年10月29日放送
  • • 漫画「最上の明医」のナイロビ編に「新発田久敦」名でNGO代表として登場
  • • ラジオJ-WAVE「ロハスサンデー」にケニアから電話出演2011年10月
  • • 中日新聞・東京新聞夕刊掲載内橋克人氏(紙つぶて)-「真の開国とは」2011年1月13日・14日
  • • 週間金曜日「(社会貢献)支援を実感に変えるチャイルドドクター-ケニアの子どもと日本を結ぶ」2011年3月11日
  • • サンデー毎日[close up「生命の診察券」]2010年11月16日
  • • 失敗から学んだ、社会貢献と事業展開の正しい関係(日経BPビジネスオンライン)
  • • NHKBS1地球テレビ100/ケニアから生中継 2011年4月9日放送
  • • NHK総合 成人式特集「ミッション 僕たちが世界を変える」2011年1月10日放送
  • • NHKBSh地球ドキュメントミッション/スペシャル版「ケニア 一通の手紙が子どもの命を救う」2010年7月25日放送

放送後、沢山の反響を頂いております

Qスラムを追われた子どもたちは今後どうなるのですか?
A子どもたちは、現存する他のスラム等に避難しましたが、未だ、数十万人の子どもたちが、スラムで暮らしています。チャイドクでも、市内15か所のスラムで、引き続き医療支援を続けられる体制を作りました。
チャイドクでは、全てのスラムが無くなる日まで、最後の一人のチャイルドまで支援を続けていきます。
Q病気を抱えた子どもたちの治療はどうなるのですか?
A心疾患やエイズを抱えた子どもたち、孤児の子どもたち、障害を抱えた子どもたちは、スラムがなくなっても行き場がありません。スラムの取り壊しで最も大きな影響を受けるのが、こうした弱者です。
医療施設の整っていない地方へも行けず、人々の居住場所を奪う政府に、こうした人々の医療サポートは全く期待できず支援が必要です。
既に何百人の子どもたちがあなたの支援が来るのを待っています。
Q私に出来ることはありませんか?
Aあります。下にあるボタンからチャイドクの無料支援体験にご登録ください。
社会の状況は随時変化していきますが、私たちは常に現場にいて、最も子どもたちの近くで状況を見て、知っています。
今、一番支援が必要な子どもたちをピックアップしてますので、下のボタンから、お名前とメールアドレスをご登録頂き、ご紹介させて頂くチャイルドをお待ちいただければ幸いです。

ケニアの子どもたちのチャイルドドクターになって下さい。
応援よろしくお願いします。

あなたもケニアの子どもたちを応援しませんか?
90日間の無料お試し期間
登録から3ヶ月間は、支援金を振り込まずに通常と同様の支援を体験して頂ける期間をもうけております。実際のご支援を体験してもらうことで、納得した上でご支援頂きたいと考えております。
ご支援・ご体験のお申し込みはこちらから
PAGE TOP